読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりで居たい

いろんな事が煩わしい。

友達を減らして、恋人と別れ、
実家も出た。
個人プレーが主、な職場も選んだ。

それでも、煩わしい事が無くならない。
煩わしさから逃げる努力は
生きている限り
永遠に続けなければいけないよう。

やっぱりどうしても
ひとりでは生きられないから
毎日我慢、我慢、我慢。

適当に働いて、普通を演じる。

死にたい。
ってずっと思う。
周りにいったら面倒だから
誰にも言わないし、
結局、なんで死ねないのか
分からないまま。

残念だが、きっと私は
この人生を自ら選んで、
産まれてきたんだろう。

「あなたはAさんとBさんの子として
○歳まで生きます。
途中、こーんな楽しい事や、こーんな辛い事が
あります。
この人生、やりますか?」

「やります。」

だから、私は私を生きている。
そんな気がする。
産まれる瞬間、その決意も人生プランも
記憶からリセットされる仕組みかな。
死ねない理由は、○歳まで至ってないから。
まるで、プログラミングされてるみたい。

よく金縛りにあうけど、人生もそんな感じか。
どんなに抵抗しても、無力。
運命は無情に襲いかかってくる。

今はただ、ひとりで居たい。